Amazon Amazonプライム

Amazonプライム会員かどうか確認する方法|え?勝手に登録されてる?

Amazonプライム会員かどうか確認する方法

「え?勝手にAmazonプライム会員に登録されてる?」

「いつからプライム会員だったっけ?」

そう考えている方の解決方法です。

Amazonプライムに入ろうと思ったらとっく会員だったとか、突然Amazonから料金が請求されるとビックリですよね?

理由や原因は様々かもしれませんが、ご安心下さい。

これから紹介する方法を実際に行えばすぐにAmazonプライムに会員登録しているかどうかを確認することができるし、いつから会員だったか、解約する方法なども知る事ができます。

また、ケースによっては今までに支払ったプライム会員会費が全額返ってきます。

『勝手にAmazonプライム会員に登録されて焦っている』『退会したい』という方は参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

Amazonプライム会員かどうか確認する方法

まず身に覚えがないかもしれませんが、自分がAmazonプライム会員に登録しているのかどうかを確認手順です。

その方法をスマホ画面で画像付きで解説します。

 


  • ご自分のAmazonアカウントにログイン

    Amazonプライム会員かどうか


  • 「プライム」をクリック

    Amazonプライム会員かどうかを調べる

  • 「prime」アイコンをクリックし、出てきた「Amazonプライム会員情報」をクリック

    Amazonプライム会員に勝手に

  • 「プライム会員情報の管理」をクリック

  • 会員タイプが表示される

    Amazonプライム会員かどうか調べる方法

  • プライム会員かどうか確認完了!

 

これで会員情報が表示された方は、Amazonプライムの会員になっていることが確認できました。

でも、なぜ知らない間にAmazonプライム会員になってしまったのでしょう??

 

\   無料体験から始めよう! //


>>Amazonプライム無料体験はコチラ

勝手にAmazonプライム会員に登録されている原因

Amazonプライム会員になっていることが確認できたら当然考えるのが、

「なぜ勝手にAmazonプライム会員に登録されているのか?」

ということですよね。

知らない間にAmazonプライム会員に登録されている原因の多くは、「Amazonプライムの無料体験」のケースが大半です。

 

遠い昔にAmazonプライムの無料体験を行ったことはありませんか?

 

Amazonプライムの無料体験は体験期間が終了すると自動的にAmazonプライム会員として加入されてしまうんですよね。

Amazonの公式サイトにも以下のように記載があります。

「Amazonプライム無料体験」にご登録いただいた場合、無料体験期間終了後に有料会員へ自動移行されます。

この一文を見逃している方が意外と多いのです。

Amazonプライム会員に限らず、クレジットカードを利用した無料体験というものは自動更新が付き物なので気を付けるようにしましょう。

 

スポンサーリンク

Amazonプライム会員を解約する方法

さて、勝手にAmazonプライムに登録されていた原因がわかったところで、解約したい方は次の手順です。

上記した確認方法の⑤の画面からの続きになります。


  • Amazonプライム会員に勝手になっている


  • アマゾンプライム会員の確認


  • 画面をスクロールして最後の「特典と会員資格を終了」をクリック

    Amazonプライム会員かどうかを確認


  • 画面をスクロールして「会員資格を終了する」をクリック

    アマゾンプライムの解約方法


  • 画面をスクロールして「○○○○/○/○ 特典と会員資格を終了」をクリック

    アマゾンプライムを退会


  • お礼とアンケートが表示される

    アマゾンプライム会員を解約


  • 無事に解約(退会)完了

  • アンケートに答えない方はバツ印×をクリックして終了。

 

以上で完了です。

 

これで無事にAmazonプライム会員を解約することができましたが、一応本当に解約できたのか確認しておきましょう。

確認方法は上記に説明した通りです。

アマゾンプライムを解約(退会)を確認する

 

プライム会員情報の管理で「会員資格が終了します」と表示されていればOKです 😉

 

\\ 解約方法が分かって安心したらお試ししてみる?//

>>Amazonプライム無料体験はコチラ

 

Amazonに返金を申請する方法

勝手にAmazonプライムに登録されているのは自分の落ち度だった場合だとしても、できることなら返金してもらいたいですよね。

Amazon側もこの場合は仕方がないと判断しているのか、さすが天下のAmazon。
返金を申請することで支払ったお金を全額返してもらうことができます。

しかしそれはAmazonプライム会員の特典を一度でも利用していない場合です。

ご自分が登録したクレジットカードやAmazonギフト券で返金がなされます。

この場合には、たとえ勝手にAmazonプライムに登録されていたとはいえ、全額返金されることはありませんので注意してください。(※日割り計算で返金可能)

 

返金申請手順(スマホより)


  • アカウントにログイン後、右下の「メニューバー(三本線)」をクリック


  • 「カスタマーサービス」をクリック


  • 「Amazonプライム会員」をクリック


  • 「プライム会員の返金」をクリック


  • 「Amazonプライム会員登録のキャンセル」をクリック


  • 「特典と会員資格を終了する」をクリック

以上です。

「更新前にお知らせを受け取る」を選択した場合は、期間いっぱい会員登録されますので返金は受け取れません。

 

サービスを使ってしまった場合は日割り計算で返金

さすが天下のAmazonです。

更新されていると知らず、サービスをうっかり使ってしまった場合でも返金依頼は可能です。その際には日割り計算で返金してもらえます。

上記と同じ返金申請手順で返金を依頼してみましょう。

 

スポンサーリンク

Amazonプライム無料体験中に自動更新を切っておこう

先ほど記述したように、Amazonプライムの無料体験は期間が終了すると、自動的にAmazonプライム会員へと更新されます。

もし本当に「絶対に無料の期間だけ使うつもり」の方は、Amazonプライム会員への自動更新は無料体験中に切っておきましょう。

 

手順(スマホ編)

ほぼ、上記で説明した解約手順、返金手順と同じなのですが、


  • アカウントにログイン後、右下の「メニューバー(三本線)」をクリック


  • 「カスタマーサービス」をクリック


  • 「Amazonプライム会員」をクリック


  • 「プライム会員をキャンセル」をクリック


  • 「Amazonプライム会員登録のキャンセル」をクリック


  • 「更新前にお知らせを受け取る」をクリック

最後に更新される前に、メールでお知らせを受け取りましょう。

すると有料会員に更新される前に解約することが出来ますね 😉

 

まとめ

ここまでAmazonプライム会員かどうかの確認の方法、また勝手に登録されていた場合の原因と確認方法。そしてAmazonプライムを解約、返金申請を行う方法、自動更新の止める方法について解説してきました。

Amazonプライムだけでなく、大抵のサブスクの無料体験は、期間が終了すると自動的に有料会員へと更新されてしまうので注意してくださいね。

 

合わせて読みたい
Amazon Fire TV Stick (第3世代)と4K
【新型】Fire TV Stickとは?使い方やできることを分かりやすく解説

続きを見る

合わせて読みたい
Echo Show5の出来ることと使い方
Echo Show5の出来ること&裏技!第2世代との比較を分かりやすく

続きを見る

-Amazon, Amazonプライム
-

© 2021 funfans Cafe Powered by AFFINGER5