大河ドラマ いだてん

【いだてん】第10話あらすじネタバレと感想!震え~~!三島弥彦!

更新日:

いだてんのあらすじと感想とネタバレとあらすじ

さて、金栗四三一行はスウェーデンのストックホルムに到着!

戦いに火蓋が切って落とされようとする『いだてん』第10話のあらすじネタバレと感想をお伝えしていきます!

 

スポンサーリンク

いだてん10話のあらすじネタバレ

ストックホルム到着!

ストックホルムに着いた次の日、金栗四三はスウェーデン人ガイドのダニエルとマラソンコースの下見に行きました。

その後、スタジアムで弥彦と二人で現地記者から取材を受けます。
日露戦争で大国ロシアに勝った日本にスウェーデンの人たちからは好感を持たれていたので、思っていた以上に二人は注目されました。

同じころ、同じくオリンピック初参加のポルトガル代表、ラザロ選手も取材を受けていました。
ラザロは命をかけて勝負に挑む覚悟を語ります。

四三はまだストックホルムにやってこない嘉納治五郎に覚悟を示す手紙を書きます。
「日本スポーツ界の、黎明の鐘となるべく、本番までの一ヶ月半、気を抜かず乗り切る所存です」

いだてんの悩み

ストックホルムの夏は日が沈まない白夜。

一日中日が差し、夜になっても暗くならないので四三と弥彦は眠ることができません。
毎夜の不眠に悩まされ、体調が万全でない中二人はそれぞれトレーニングを開始します。

一緒の種目に参加する仲間もコーチもいない四三はたった一人で練習をおこないます。

複数人で参加している他の国の選手はお互いにアドバイスしあっています。
それを見た四三はうらやましく感じました。
また、彼らの大きな体にも圧倒されているのです。

足袋のランナー・金栗四三

ホテルに戻った四三は大森夫妻からの提案で1万メートルにも出場することを決めます。
弥彦も百メートルと二百メートルに加えて、四百メートルにも出場することになりました。

しかし、ストックホルムに着いたあとも大森監督の病状は良くなっていませんでした。
弥彦もまた、一人で孤独練習をしていまいした。
安仁子から練習メニューのメモをもらい一人で練習するしかなかったのです。

一方、四三の方はと言うと、大森監督がマラソンは専門外のため練習メニューすらもらえず、さらに孤独に練習を続けるしかありませんでした。

本番が迫るにつれ、各国の選手も続々到着。

そんなある日、ラザロが四三に声をかけます。
四三が履いている足袋に興味を持ったのです。

四三は大工のジェスチャーで足袋は大工などの職人が使うものだと伝えようとがんばります。
驚くラザロ。
実はラザロの本職は大工でした!

しかも、お金がなくいつも移動手段として走っていたそうです!

「おお、俺も、run with the train!」

四三はラザロに親近感を持ち、替えの足袋をプレゼントしました。

他の選手たちも世界新記録をだした四三の足袋に興味があるようで、四三は質問攻めにあいます。
四三は、至急追加の足袋を送ってもらうように日本に電報をうちました。

 

スポンサーリンク

悩める三島弥彦

6月15日、四三は日本にいる嘉納治五郎に悲痛な手紙を書きます。

「練習を開始して十二日目。とうとう誰も部屋から出てこなくなりました。この度の大会は、日本人にとって、最初で最後のオリンピックになるでしょう。黎明の鐘はなりません」

弥彦は西洋の選手との力の差を見せつけられ、自信を失っていました。
心配になった四三は弥彦の部屋に行きますが、カーテンを閉め切り、暗い部屋に閉じこもっていました。

西洋選手との実力の差、そして世界記録を持つ金栗四三のみがメディアに注目されることへの嫉妬も相まって、もう三島は限界なのです!

思い悩む弥彦の窮状を伝えるべく、四三は監督の部屋に行きますが大森の病状は深刻で、とても話ができるような状態ではありませんでした。

 

廊下に戻ると弥彦の部屋から光が漏れています。
気になって覗くと、そこには今にも窓から飛び降りそうになっている弥彦の姿が!!

四三は駆け込み必死で弥彦を止めます。

「我らの一歩は日本人の一歩ばい!なあ、三島さん、速かろうが、遅かろうが、我らの一歩には意味があるったい!」

泣きながらベッドの上で、ふんどし一丁の三島と抱き合う四三。

そこへ、突然、阿仁子がドアを開け、びっくり!!!
(二人はゲイかも、と勘違いしたようでした(笑))

これ以降、四三は弥彦と一緒に練習をするようになりました。

ついに嘉納治五郎先生が合流!

六月二十三日、夏至の日。

ストックホルムでは、夜が全くなくなり「夏至祭」が開催されます。

ホテル内にも騒ぎ声が響き渡り、耐えられなくなった四三と弥彦はホテルに苦情を言いに行きます。
しかし、お祭りでテンションがあがった人たちから逆に日本の歌を歌ってほしいと求められる二人。
仕方なく、四三は君が代を歌いだしました。弥彦も一緒に歌います。

歌が終わったとき、拍手とともに現れたのは何と、、

嘉納治五郎でした!!!

「素晴らしい!まさかこのような大歓迎を受けるとはね」

「日本人」として走りたい!

嘉納治五郎は部屋に、四三、弥彦、大森夫妻、内田公使を集めます。

四三には清さんから預かった足袋、大森監督には製本した『オリンピック式陸上運動競技法』を渡しました。
永井先生と可児先生が間に合うように製本してくれたのです!

内田公使は開会式のプログラムを持参していました。
プラカードの表記をどうするか、みんなが「JAPAN」でいいと言う中、四三は納得しませんでした。

「『日本』でお願いします。そうでなければ、私は出ません」

自分はあくまでも「日本人」であると主張する四三。
読めなきゃ意味がない、と主張する大森監督。
安仁子や弥彦も加わり四人でもめます。

治五郎は不穏な空気を感じたのでした。。

ストックホルムオリンピック開幕まであと1週間!

 

☆「いだてん」第4話~10話は配信を停止されていますが、1~3話、11話以降は見逃しを見ることができます。↓↓↓↓↓

『いだてん』第10話の感想!

今回からストックホルムオリンピック編が本格的にスタートしました。

今回共感できたのは弥彦でした。

慣れない海外での生活、周囲の人たちに圧倒され自信を失う、知り合いも少なく感じる孤独感、初めて自分が海外に行ったときのことを思い出しました。
現代でも感じることですので、明治生まれの日本人が感じたものの大きさはもっと大きかったでしょう。

ただそんな中でも、自分らしさを失わない四三にもすごさを感じましね。

いつものように冷水浴を行い、自分らしい走りをする。
言葉が通じなくても積極的にコミュニケーションを取ろうとする。

そういう姿勢に頼もしさを感じます。冷水浴のやりすぎで水を止められたのには大爆笑でした。

あと、ふんどし一丁の三島の飛び降りを止める四三が、三島と共にベッドの上に倒れ込んだ時に、(運悪く?)安仁子が入って来て二人の仲を誤解するシーンが面白かったです。

 

これぞ「クドカンワールド」全開ですね^^

そんな四三が最後に拘った「日本」。

あんなに強く主張する四三を見たのも初めてのような気がします。

果たしてプラカードがどうなるのか、次回が楽しみです!

-大河ドラマ いだてん
-いだてん, 中村勘九郎, 金栗四三

Copyright© funfans Cafe , 2019 All Rights Reserved.