大河ドラマ いだてん

いだてん13話あらすじネタバレと感想|四三の新たなる決意とは!

更新日:

いだてんのあらすじと感想とネタバレとあらすじ

3月31日の「いだてん」13話!

金栗四三が日本国民の期待を一身に背負ってスタートした、ストックホルムオリンピックのマラソン競技でしたが、結果はまさかの結果となってしまいました。。

 

 

☆ネタバレだけじゃつまらない
U-NEXTは今なら無料トライアルで600円分のポイントがもらえる

↓↓↓↓↓

>>実質無料で『いだてん13話』を見てみる 

いだてん13話のあらすじネタバレ

よみがえる記憶

いだてん金栗四三とストックホルムオリンピック

レース中のことを思い出すため、金栗四三はダニエルと一緒にマラソンコースを歩いてみました。

ラザロとのデッドヒートがよみがえります。

「こん坂道でラザロ選手ば抜いて…子ども、チャイルドが立っとったばい」

二股に道が分かれています。

四三はそこで少年時代の自分を追って左に進みましたが、正しいコースは右だったのです。

左の道の先には白い家があり、ペトレ一家が住んでいました。

マラソンの当日、一家は庭でお茶会を開いているところでした。

四三に続いて数名のランナーが迷い込んできましたが、みんな正しいコースに戻りました。
そこで一人、四三だけは木陰でしゃがみこみ動けなくなってしまったのです。

ペトレ家の人たちは四三にレモネードとシナモンロールを渡し、家で休むようにも伝えますが、四三は疲れ切って返事もまともにできません。

ペトレさんたちは四三にコートをかけて去っていきました。

そんな状態で四三は内田公使とダニエルに発見されてホテルに戻ったのです。

すっかり思い出した。この口惜しさ、忘れんばい

道の分かれ目で四三はそうつぶやきました。

ラザロの死

ホテルで日記を書いている四三のもとに弥彦が新聞を手にやってきました。

なんとラザロが亡くなったというのです。

彼は日射病による髄膜炎になってしまったのでした。

取材のときのラザロの姿が四三の頭に浮かびました。

勝つか、死ぬかと言っていた彼のその言葉が現実に起こったのです。

 

そのころ大森監督も治五郎に自分の気持ちを伝えます。

監督としての役目も果たせず、四三と弥彦に不必要なストレスを与えたと責任を感じていました。

そんな大森を治五郎は叱ります。

大森が記した『オリンピック式 陸上運動競技法』が未来に残るからです。

 

こういう繊細な仕事が、スポーツの未来を作るんだよ。君は君のベストを尽くした、胸を張りたまえ」

嘉納治五郎はそう語りました。

 

スポンサーリンク

孝蔵(古今亭志ん生)の初高座

マラソンの結果は日本の新聞にも載りました。

東京高師や金栗家、池部家の人たちもそれを読みました。

皮肉なことのそのタイミングで、四三のオリンピックへの意気込みとみんなへの感謝を述べた手紙が届いたのでした。。

 

播磨屋では辛作が開会式の写真を飾ろうとしています。
そのとき清さんがやってきました。
初高座に上がる孝蔵のための着物と足袋をお願いしにきたのです。

清さんはそれを孝蔵に渡します。

「芸は知らねえが、せめてなりぐれえはピリッとしてもらいてえからよ」

孝蔵は、「ありがてえ、持つべきものは友だな」と感激したようです。

 

孝蔵の晴れ姿を見ようと清さんは寄席に向かいます。

そして遅れて出てきた孝蔵の姿を見て清さんは驚きます。

なんといつものヨレヨレの着物姿だったのです!
しかも赤ら顔で、呂律もまわっていません。

孝蔵はもらった着物を質に入れ、そのお金で酒を飲んでいたのです。

「富久」を語り始めますが、客の視線を浴び、すぐに噺が飛んでしまいます。

 

「なんだっけ、…あ、真面目だが、酒癖が悪いのが玉に瑕」

「そりゃお前じゃねえか!」

 

清さんの合いの手に、客席からどっと笑いがおきます。
孝蔵は少し落ち着きますが、まだ客の視線が怖くてうまく話せません。

そんなとき円喬の言葉を思い出します。

 

「耳で覚えてもダメよ、噺はね、脚で覚えるんだ」

走り場面ではありませんでしたが、孝蔵はとっさに腕を振りながら語り出します。

「『旦那ぁ、しくじったのかい』『ええまあ、しくじりで』」
調子が出てきた孝蔵。

火事の場面まできますが、孝蔵は息が切れて倒れ込んでしまいました。

「すいません、頭痛いンで、今日はここまで」

 

途中で高座を降りてしまいましたが、円喬からは何も言われませんでした。

自分を弟子と思ってもらっていないのかと孝蔵は落ち込んだのでした。。

 

スポンサーリンク

4年後に向けて

四三はもう一度マラソンコースを走ってみました。

ラザロが倒れた地点では写真と花が飾られていました。
四三も花を摘み、供え、ラザロのために手を合わせました。

 

治五郎も参加したIOC総会ではクーベルタンの挨拶の後、ポルトガル選手団代表の挨拶がありました。

ポルトガル代表はラザロのためにも4年後はまたオリンピックを開催して欲しいと訴えます。

これを受けてクーベルタンは4年後の1916年もベルリンでオリンピックを開催すると宣言しました。

 

四三、弥彦、治五郎は閉会式を待たずにストックホルムを去ることになりました。
大森は治療のために残ります。

ストックホルムを経つ日、金栗四三たちは弥彦のカメラで記念写真を撮りました。

ウィーンに立ち寄る予定の弥彦は四三を誘いますが、四三は断ります。

俺は、ベルリンへ寄ろうと思うとります

4年後へ向け、士気を高めようというのです。

ダニエルに礼を言い、四三は船に乗り込みました。
こうして48日間に渡る四三のスウェーデン滞在は終わりを告げたのです。

 

☆ネタバレだけじゃつまらない
U-NEXTは今なら無料トライアルで600円分のポイントがもらえる

↓↓↓↓↓

>>実質無料で『いだてん13話』を見てみる 

いだてん13話の感想

四三も悔しかったでしょうね。。

でも、次へ向けて切り替える姿が頼もしかったです。

自分でも受け入れるのが難しいくらいショッキングな結果ではありましたが、その悔しさを次への原動力にしているのが、彼の人間的な大きさを感じました。
本当に走ることが好きだということも伝わってきました。

ラザロ選手は残念でしたね。でも、彼の姿もこれからの四三の力になったような気がします。

各国の選手が彼を弔っているシーンもぐっと来るものがありました。また4年後に会いましょうという別れ方もいいですね。

短距離走の際に大森監督が弥彦に一緒に走る選手はライバルではなく、タイムという敵と戦う仲間だ、というセリフがありましたが、マラソンを含めて他の競技でも当てはまるんだな、と感じた回でした。

 

-大河ドラマ いだてん
-いだてん, 金栗四三

Copyright© funfans Cafe , 2019 All Rights Reserved.