大河ドラマ いだてん

いだてん4話の感想とネタバレ(1/27)|え?!小便が勝つための秘訣?

更新日:

いだてんの感想とネタバレとあらすじ

第3話の『いだてん』は、金栗四三(中村勘九郎)が何故か憎めない友人・美川秀信(勝地涼)と、東京高等師範学校(東京高師:現筑波大学)に入学を決め、熊本から上京する回でした。

涙涙の金栗家との別れのシーンは、壮絶な(?)鼻水を垂らす兄・実次(中村獅童)と金栗四三(中村勘九郎)の熱演シーンから、いだてんを見た感想のSNSは騒然となりました(;^_^A

今回第4話(1/27)のいだてんは、どのようにストーリーが進んでいくのでしょうか?
リアルタイムでいだてんのネタバレと感想を更新していきます 😉

 

この『いだてん』第4話を見逃した方は、週末の土曜日の再放送を待たずに見る方法があるのをご存知ですか?

それは、動画配信サービスU-NEXT(ユーネクスト)です
31日間の無料お試し期間(無料トライアル)にもらえる600ポイントを使って、実質無料で『いだてん』4話の見逃しを見ることが可能なんです。

U-NEXT(ユーネクスト)の無料トライアルを試してみる

気になる方は一度覗いてみてみてください♪登録も簡単。最新映画やドラマも満載です

いだてん第4話ネタバレと感想

この大河ドラマ『いだてん』の語りは、落語家・古今亭志ん生(ビートたけし)ですね。
今回第4話は、この古今亭志ん生の寄席、「東京オリムピック噺」を語るシーンから始まります。

覚えておられますか?

第1話で、嘉納治五郎が、オリンピック参加に反対する「日本体育協会」の面々に

いだてんは きっといます!どこかに必ず!

と力説するシーン。

その際に、窓の外で小便をする学生を叱りつけていたシーンがありましたね?
その学生が金栗四三でした。

これが伏線になっていたとは、思いもよりませんでした。

秋の長距離走会  明治43年(1910)

東京高師の全員参加行事、6里(24キロ)を走る『秋の長距離走会』が開催されました。

毎日いだてん通学をしている金栗四三は意気揚々と大会に参加します。

しかし、、、

レース直前にやってきたのは

尿意!(゚ロ゚ノ)ノ

慌てて立ち小便をし始めた四三でしたが、なかなか小便が切れません。

スタートのピストルがなり、一同は一斉にスタートし、四三は大きく出遅れます。

しかし、四三は長年熊本で行ってきた「いだてん通学」から見出した「すっすっはっはっ」の呼吸法で走り、他の生徒をごぼう抜きしていきます。

走っている途中で、わらじの紐が解けるというアクシデントが起こり、四三はわらじを脱ぎ捨て裸足に。

見事、3位に入賞します。

そして表彰式で、憧れの嘉納治五郎校長から銅メダルを受け取り、一言、声をかけられた金栗四三は感涙にむせびます。

「四三、おまえも『一廉ひとかど の人間』になるには、熱中する何かば見つけることたい」

夏休みに実家熊本に帰省した際、兄・実次にそう言われた四三は、「遂に熱中できるものを見つけることが出来た!」と気持ちが高揚し、「今は走ることが楽しくて仕方ありません」と熊本の家族に手紙を書きました。

しかし故郷からの返事は、「身体の弱いお前を東京に行かせたのは勉強させるためであって、かけっこに熱中しろと送り出したのではない」と一蹴されます。

故郷からの叱責の手紙に「もう二度と熊本には手紙は書かん!」と決意。

そこで金栗四三の脳裏には、春野スヤの言葉が思い起こされました。

「丈夫な身体ばお国のために使うか、自分のために使うかは、決めるのは四三さんたい。自由たい」

 

スポンサーリンク

勝つためには「排便、わらじ、スタミナ」

四三は今後も走り続けるため、勝つためのポイントをノートに記します。

その1.排便ばする

  • レースのことで頭がいっぱい。小便を忘れる。
  • 小便が切れず、出遅れる
  • 小便はレース前に済ます

その2.  わらじは好かん

  • 紐が解け往生
  • 脱いで裸足になるも砂利に苦しむ

その3.  スタミナ

  • 2着の選手を捉えるも、最後まで追い抜くことは叶わず
  • 後半で巻き返すにはスタミナが必要

その後、本科生となり、徒歩部に入った四三は、他の部員達を圧倒する走りを見せ続けます。

放課後はスタミナ対策に豚鍋を食べに行ったりしました。

しかし、まだこの頃になっても履物の問題は以前残ったまま。
日本製の運動靴がまだ無いこの時代。

高価な輸入品は、四三は買うことは出来ませんでした。

スポンサーリンク

いだてん4話  古今亭志ん生の自宅(昭和35年)

古今亭志ん生(ビートたけし)が自宅のテレビでローマオリンピックの模様を見ています。

そこへ知恵という、弟子の古今亭五りん(神木隆之介)の連れだった娘がやってきました。

「おたくらネンゴロなのかい?(付き合ってるのか)」と聞く志ん生に、知恵は
「や~だ~。私アベベと結婚するんだもん」と答えました。

オリンピックマラソン予選会への挑戦

播磨屋の足袋との出会い

東京高師の近くに「播磨屋」という足袋屋がありました。

そこの店主の黒坂辛作(ピエール瀧)から足袋を買って走ってみたところ、何と!砂利道を走っても足は痛くありません!

運命の足袋との出会いでした。

明治44年(1911)に、嘉納治五郎はストックホルムオリンピックに出場する選手を選ぶために、予選会を行うことを発表しました。

金栗四三は新聞を読み、挑戦したい!と思いました。

なぜなら、マラソン競技は25マイル(十里:40キロ)。

四三にとっては未知なる世界ですが、友人の橋本と野口と共に、この未知なる数字に挑むことにしたのです。

アブラ抜き走法

金栗四三と野口、橋本の3人は、当時長距離走者に圧倒的支持を得ていた「脂抜き走法」という練習法を行うことにしました。

脂抜き走法とは、「できる限り汗をかいて、体内の水分を出して身体を軽くしてから走る」という練習法。

しかし金栗四三は脂抜き走法を始めて8日後、四三は風呂場で冷水浴をしたあとに失神!!!

砂糖水を3杯飲み干し、かき氷を食べて復活した四三は悟った。

自然に従え」

人間の生理的欲求に逆らわず、欲求どおりに行うことが最善の策であると学んだのです。

 

スポンサーリンク

え!?もしかして迷子?

米国体育学者の大森兵蔵(竹野内豊)の力を借りて、嘉納治五郎は借金をして羽田に運動場を作ります。

11月19日のオリンピック予選会当日。

予選会会場は羽田の運動場。

しかし四三、野口、橋本などの徒歩部一同は、くもり空の羽田海岸近くをさまよっています。。。

「野口くん、、ここ、さっきも通ったばい。。」

何と!四三たちは迷子になったようです!!

不安のまま、いだてん第5話へと続きます。

いだてん4話(1/27)感想

今回も、クドカンワールド炸裂のようです。

まず、第一話、嘉納治五郎に叱責された小便小僧
それが「秋の長距離走会」の出発前に、尿意を催した金栗四三でしたね。

上手い伏線になっていました。

また特に、熊本から出てきた純朴な金栗四三の天然具合というか、素直で正直、でも「とつけむにゃー(とんでもない、突拍子も無い)」性格を、脚本家・宮藤官九郎が生き生きと描き、それを中村勘九郎さんが生き生きと表現してますね~。

今回も冷水行のシーン、風呂場のシーンもあり、初回から数えて、クドカン、、

金栗四三(中村勘九郎)を脱がせすぎ!

まあ、あの引き締まった身体を拝ませていただいて有り難いのではありますが(笑)

「ひゃ~!」という甲高い声は、まだ大学生を演じ無ければならない37歳の勘九郎さんの役作りでしょうか。

また、要所要所に美川(勝地涼)さんが、笑いのスパイスのようにクスリとさせてくれて、後々にあの伝説の「前髪クネ男」を超えるキャラクターに育ってほしいと密かに思っています。

さて、いよいよ1月27日の夜に『いだてん第4話』が放送されますが、毎回待ちきれないです。

一週間が長く感じられますが、過去の放送をもう一度見直したい方、放送を見逃して再放送を待てない方は是非、こちらU-NEXTでポイントで見れますので、覗いてみて下さいね。

 

もう一度、『いだてん』過去の放送をもう一度見直したい方再放送を待てない方は是非、動画配信サービスのU-NEXTで見れますのでおすすめです。

特に、30日間は無料トライアル期間。
600ポイントも無料で使うことが出来ます 😉

注目記事
いだてん再放送の見逃しにU-NEXTをおすすめする3つの理由

続きを見る

-大河ドラマ いだてん
-いだてん, 中村勘九郎, 宮藤官九郎, 金栗四三

Copyright© funfans Cafe , 2019 All Rights Reserved.