大河ドラマ いだてん

いだてん1話の感想とネタバレ!クドカン小ネタにやられて大満足!

更新日:

いだてんのあらすじと感想とネタバレとあらすじ

待ちに待った大河ドラマ「いだてん」の第1話放送!!!

もう、年末年始はテレビに出ずっぱりの中村勘九郎さんと阿部サダヲさんでしたね。

一大ムーブメントを巻き起こしたNHK朝ドラの「あまちゃん」でしたが、今回も同じく脚本は今をときめく宮藤官九郎。

スタッフ・キャストも「あまちゃん」組が再集結しました。

九州の熊本に生まれた悲運のマラソンランナー金栗四三さんの物語を、クドカンはどのように物語ってくれたのでしょうか?

初回、第一話終了して、興奮冷めやらぬ「いだてん」の感想とあらすじネタバレを熱く語っていきます。

 

スポンサーリンク

いだてん第一話『夜明け前』のネタバレとあらすじ

今からこの『いだてん』のネタバレとあらすじを語っていきますが、

このドラマはナレーション(語り)の古今亭志ん生(ビートたけし)が、「東京オリムピック噺」という落語の演目を語る体で進められます。

 

1959年(昭和34)東京のシーンのあらすじネタバレ

時は昭和34年(1959)の東京・日本橋。

タクシーに乗った古今亭志ん生(ビートたけし)が娘の美津子(小泉今日子)と渋滞中のタクシーの中でウトウトとしています。

その横を、足袋で走る半袖短パンの青年を横目に、落語の演目『富久』を思い出します。

 

舞台は東京都庁へ。

東京オリンピック誘致に向けて正念場の段階で、日本オリッピック委員会の田端政治(阿部サダヲ)が苛立ちが隠せません。

それは、オリンピック招致の最終スピーチを行う予定だった外務省職員がまさかの怪我で登壇不可能となったため。

そこで偶然見つめていたTVに出ていた平沢和重(星野源)にオリンピック招致・最終スピーチの白羽の矢を立てます。

1964年の東京オリンピック開催が叶う瞬間です。

 

スポンサーリンク

1908年(明治42)東京シーンのあらすじネタバレ

またまた舞台は代わり、遊郭の前からフランス大使館へ向かう嘉納治五郎(役所広司)

柔道の創始者で、日本スポーツの父と言われる彼は、フランスの駐日大使ジェラールから、日本のオリンピック参加のために働いてくれと頼まれます。

平和の祭典のオリンピックの精神を聞く嘉納治五郎。

近代オリンピックの創始者クーベルタン男爵から、「日本のオリンピック参加を導ける適任者(ライトマン)を見つけてきてくれ」と頼まれたフランスの駐日大使は、「柔道の父」嘉納治五郎が適任だと考えたのです。

嘉納は期待で胸を膨らませます。

しかし、前年のロンドンオリッピックを現地で見てきた永井道明(杉本哲太)から、当時の日本は「日本人がオリンピックなど、欧米諸国相手に10年、50年早すぎる」と言います。

欧米人と比較して日本人は身体が出来ていない。
そして彼は、ロンドンオリンピックで熱射病でフラフラになる選手を無理やりゴールさせる場面を目撃してたために、オリンピック参加には悲観的です。

日本体育会も、オリンピック参加に対し「体育」と「スポーツ」は違うと猛反対。

前途多難の様相です。

 

銀行副頭取の三島弥太郎邸で、嘉納は大隈重信(平泉成)に語っています。

「オリンピックの精神に共鳴するものがいないことが不甲斐ない」と。

そこで弥太郎の弟、三島弥彦(生田斗真)が野球をしながら乱入します!

天狗倶楽部(TNC)応援団と上半身ハダカで馬鹿騒ぎする様子はクドカン脚本のならでは^^

100Mを12秒で走るという三島弥彦に関心を持つも、そのチャラいキャラに嘉納治五郎はやや怪訝そうな表情でした。

 

融資は見送りという連絡を受け、落ち込む嘉納治五郎のもとに、フランスの駐日大使があるものを見せます。

今朝、ストックホルムから届いたものだと。

それはなんと、2万2千人を収容できるオリンピックスタジアムの設計図でした!

目を見張り興奮する嘉納。

ポスターに描かれた日の丸に心震える彼の瞳は、希望に輝いていました。

そしてオリンピック参加を表明するのです。

 

大日本体育協会を当時の東京高等師範学校(現・筑波大学)の校長室に、勝手に『大日本体育協会』を設立した嘉納治五郎。

「世界の中心で走ってみたいと思わんかね」

嘉納が三島弥彦に熱く語り、かなり乗り気です。

 

そこでオリンピック候補選手をさがすために予選会を行ったらどうか?と嘉納治五郎は提案します。

羽田運動場で陸上競技の短距離走200、400M走、そしてマラソン競技の予選会です。

25マイルもの世界記録を塗り替えるのはマラソンしかない、日本人の忍耐力はマラソンに向いていると。

資金は三島弥彦が兄に直談判する、我々の本気が伝わればなんとかなる金ならなんとかすると男気を見せます。

 

ここまで放送開始から40分、、、。

まだ主人公・金栗四三は登場しません!^^;

 

明治44年、羽田運動場での予選会当日。

世界記録と見合う記録をだす選手がいなかったら、オリンピック参加は辞退すると嘉納治五郎は決意します。

そして、25マイルのマラソン競技スタート。

大勢の観客が見守る中、雲行きが怪しくなり雨が降り出します。

落伍者が増え続け、この天候では世界と闘える記録は無理ではないか。。と誰もが思い始めた頃、、

雷とともに雨の中を足袋でゴールを目指してくるは金栗四三 中村勘九郎)です!

 

いだてんだ!!

来た!いたぞ!!

 

彼こそが韋駄天だ!

 

その金栗四三(中村勘九郎)の顔は、血まみれです。。

え。。

いえ、被っていた赤白帽の赤い染め粉が雨で顔に滴り落ちて来たために、顔が血まみれに見えたのです^^;

その顔はまるで、、、

 

隈取(くまどり)!!

ザ・歌舞伎メイクです!!!

 

 

第一話終了5分前に主役登場。

そして小ネタで笑わせる。

 

これこそがクドカンワールド!

 

☆「いだてん」第4話~10話は配信を停止されていますが、1~3話、11話以降は見逃しを見ることができます。↓↓↓↓↓

いだてん第1話の感想

「いだてん」第一話の感想としては、まず、時が明治と昭和を行ったり来たりで、時系列が前後して難しく感じた方も多かったかもしれないな、と思いました。

特に年配の方は若干話しの迷子になったかもしれませんね^^;

しかし別の視点の感想としては、

さすがは宮藤官九郎!

主役の金栗四三(中村勘九郎)をなかなか登場させず、最後の1話終了5分前に、まさかの歌舞伎メイクで登場させるとは!

大爆笑でしたね。

最後の最後に持っていかれました(笑)

普通の脚本家ではちょっと思いつかないかも。

でもこれ、なんと実話らしいです! ↓

もう期待通りの小ネタを1話から押し込んできてくれて大満足の開幕でした。

また「天狗倶楽部(TNC)」の舞はクドカン脚本らしいネタで楽しめました。

 

初回はどうしても登場人物などの説明バージョンになりがちですが、2話からは舞台が熊本に移るようなので、期待も膨らみます。

先日の熊本地震で、金栗四三の故郷・熊本県和水町が震度6弱の被害に見舞われましたが、この大河ドラマ『いだてん』パワーで、不安や心配を吹き飛ばしてほしいですね。

2話が楽しみです!

-大河ドラマ いだてん
-いだてん, 中村勘九郎, 金栗四三

Copyright© funfans Cafe , 2019 All Rights Reserved.