ニュース

台風10号2019の進路がヤバイ!2014年お盆に大阪上陸したハーロンと似てる?!

更新日:

台風の進路

2019年の夏休みは、台風8号から9号、そして10号と立て続けに発生し、今回の台風10号の進路はなんと!

国民の大移動日・お盆にいよいよ日本上陸!

 

この今年2019年の台風10号(クローサ)の進路や時期、規模などが2014年に四国、近畿地方、大阪に上陸した台風11号と似ていると言われています。

今回はその台風11号と進路や規模を比較しながら、お盆に日本上陸するにあたっての備えについて記していきます!

 

スポンサーリンク

台風10号の進路予想

8月14日、現在の台風10号の進路予想は

台風10号の進路予想父島の南南西に位置しながら、ゆっくりとしたスピードで北上していて、後に緩やかに弧を描きながら日本列島の九州、四国地方辺りを目指して進む予想です。

(2019年8月12日現在)

台風の大きさ大型
強さ強い
方向、速さ北に20km/h
中心気圧965hPa
最大瞬間風速45m/s

現在も20km/h..

超・低速、ノロノロ台風ですが、昨日までは10km/hでした。。

かなり低速の台風ですが、この台風10号と似た2014年の台風とは一体どんなものだったのかを見てみましょう。

 

スポンサーリンク

平成26年(2014)の台風11号と進路も時期も似てる?

カテゴリー5(破滅的な被害が発生する)威力だった

2014年の台風11号

2014年のお盆に上陸した台風11号ハローン ©wiki

この2014年のお盆時期(8月10日~11日)のお盆時期に日本に上陸した台風11号(ハーロン)は、「破滅的な被害が発生する台風:カテゴリー5」に分類されるほど、強烈な台風でした。

時速15キロのゆっくりとしたスピードで北上し、「強烈な台風」として沖縄地方で暴風と大雨の猛威をふるいました。

それから「強い台風」のまま、8月10日に高知に上陸し、大阪、京都という近畿地方を通過して、お盆の帰省ラッシュに大きな影響を与えました。

  • 台風の進路(予想)コース
  • お盆時期に四国、近畿地方に上陸
  • ゆっくりとしたスピードの大型台風

と、どれも似通っています。

お盆に上陸して西日本は大混乱!

台風10号の進路予想

©Yahoo!天気

2014年の台風が四国地方、近畿地方(大阪・京都)を通過した際に、帰省準備をしていた旅行客は空港、駅、港で足止めを喰らいました。

お盆という特別な時期だけに、商業施設もギリギリまで対応を決めかねて、突然のイベント中止やキャンセルが相次ぎ、各地で混乱も起こりました。

またお盆に照準を合わせた施設やショップは大打撃を喰らいました。

今年2019年の台風10号も、上記の表のように西日本を中心に14日、15日は最大の警戒が必要になっています。

 

スポンサーリンク

台風10号がお盆に西日本に上陸すると、、

上記の2014年の台風11号の残した爪痕を見ると、大型連休とされるお盆の時期に台風10号が上陸するという事は、

  • 交通機関の麻痺による空港、港、駅の大混乱
  • 各地のレジャー、イベントの中止
  • 個人から大型に至るまでの商業施設の打撃

と、大変な混乱をもたらすことは予想されます。

交通の最新情報はネットやSNSで最新のものも確認できますので、ぜひ、有効利用しましょう。

台風上陸の前の備えをチェックしよう

充電器(予備用モバイルバッテリー)

乾電池や非常食などは皆さん意識があると思いますが、使えなくて一番困るのは、スマホや携帯電話だと思います。

大容量のモバイルバッテリーを常備しておくと、台風のときだけでなく、様々な場面で大活躍間違いなしです。

 

旅行キャンセル保険

遠方への帰省、旅行を計画されている方は一度は考えたい「旅行キャンセル保険」。

飛行機、新幹線など、台風10号の進路次第で運休になることは予測はされても、それがいつなのか、どの空港、駅なのかは予測不能です。

その際には旅行キャンセル保険という、お手頃価格で旅費を半額~全額保証してくれる保険が、各旅行会社や保険会社で展開されています。

今年はすでに20万人の人が加入したという保険ですので、遠方への帰省前に事前チェック&加入しておきたいですね。

 

動画・漫画配信サイト

停電にはならなくとも、台風上陸時はどこにも出歩けず、暇を持て余すもの。

そんな時は、動画や漫画の配信サイトでまったりとした時間を過ごしましょう!

大人も子供も満喫できますよ 😉

  • もう、みんな利用してる、動画もショッピングもAmazonプライム

(Amazonビデオはテレビでも見れる→AmazonファイヤーTVスティック

スポンサーリンク

まとめ

昨年を振り返ると、超・大型台風が秋口の終わりまで発生し、日本に上陸し、多大なる被害を各地にもたらしました。

備えあれば憂い無し。

今年の台風上陸も始まったばかりです。

9月10月に向けても、台風の動きや進路には十分気を配っていきましょう。

-ニュース
-台風

Copyright© funfans Cafe , 2019 All Rights Reserved.